スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- | - | -
朝と夜の物語
生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(ロマン)... (Laurant)
嗚呼...僕たちのこの寂しさは 良く似た色をした《宝石》(ピエール)

生まれて来る意味 死んでいく意味 君が生きている現在(いま)
11文字の《伝言》(メサージュ)幻想物語 『第五の地平線』

「嗚呼・・・そこに物語はあるのだろうか・・・」

泣きながら僕達は来る 同じ苦しみを抱きしめて
笑いながら僕達は行く 遥か地平線の向こうへ

廻り合う君の唇に嗚呼...僕の詩を灯そう...La vie (ラ ヴィー)
いつの日か繋がる《物語》(ロマン)――

泣きながら僕達は来る 同じ哀しみを抱きしめて
笑いながら僕達は行く 遥か地平線の向こうへ

廻り逢う君の唇に嗚呼...僕の詩を灯そう...La vie(ラ ヴィー)
僕達が繋がる《物語》(ロマン)――

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(ロマン)...(Laurant)
嗚呼...僕達のこの刹那さは 良く似た色をした《美花》(フルール)

太陽の風車 月の揺り籠 彷徨える《焔》(ひかり)の物語
壊れた人形 骸の男 時を騙(かた)る《幻想》(やみ)の物語

右腕には菫の姫君...「C'est mademoiselle violette, qu'il est dans le bras droit.」
(セ マドモワゼ(ル) フィオレ(ッテ) キ レ ダン レ マ ドロヮ)
そして...「et」
(エ...)
左腕には紫陽花の姫君...「C'est mademoiselle hortense, qu'il est dans le bras gauche.」
(セ マドモワゼ(ル) オーテ(ンス) キ レ ダン レ マ ゴーシュ)

嗚呼...僕の代わりに廻っておくれ...其の世界には――
僕が生まれてくるに至る物語(ロマン)はあるのだろうか?

「さぁ、いっておいで」
「Oui monsieur」

(巡り来る生のざわめき 太陽の風車)
(廻り往く死のやすらぎ 月の揺り籠)

我らは(ララララ)彷徨える 追憶に揺れる《風車》(ムウラン)  ナーヴァ
廻り往く何(ど)の地平にも 詩(うた)を灯すのでしょう・・・・・・・

此れはーー
生まれて来る前に 死んで行く僕の物語(ロマン)...(Laurant)
嗚呼...僕達はもう逢えなくても 現在を生きて往く《憧憬》(ロマン)
詠い続けよう(探し続けよう) → 君が迷わぬように・・・・・・

『朝と夜』の狭間
『焔』の揺らめき
『宝石』を掴もう
『腕』を伸ばし
『風車』は廻れば
『星屑』は煌めき
『天使』が別れし
『美しき』の幻想を
『葡萄酒』の陶酔(ゆめ)に
『賢者』も忌避する
『伝言』の真意
『地平線』を識る

右手の死を 左手の生を
傾かざる  冬の天秤

…さようなら

――ROMAN

…ありがとう

(...嘘を付いているのは誰か?
……其処にロマンは在るのかしら?/其処にロマンは在るのだろうか?/其処にロマンは在るのかしら?)
Roman | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://cosmix2.jugem.jp/trackback/10
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :

カウンタ